上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 わが自殺大国日本には,
      自殺対策基本法
という法律がある。
 昨年10月から施行されている法律だ。
 しかし,この法律が,今の社会に活かされているとは誰も考えていないだろう。

 第1条の「法律の目的」は,次のように規定している。
第1条 この法律は、近年、我が国において自殺による死亡者数が高い水準で推移していることにかんがみ、自殺対策に関し、基本理念を定め、及び国、地方公共団体等の責務を明らかにするとともに、自殺対策の基本となる事項を定めること等により、自殺対策を総合的に推進して、自殺の防止を図り、あわせて自殺者の親族等に対する支援の充実を図り、もって国民が健康で生きがいを持って暮らすことのできる社会の実現に寄与することを目的とする。
 国や地方自治体が,「健康で生きがいを持って暮らす社会の実現」を図ることが自殺現象につながる,としている。
 なかなか立派な心がけだ。
 しかし,本当にそう思って諸政策を実施しているとは,とうてい思えない。

 第2条の「基本理念」には,次のような規定もある。
第二条 自殺対策は、自殺が個人的な問題としてのみとらえられるべきものではなく、その背景に様々な社会的な要因があることを踏まえ、社会的な取組として実施されなければならない。
 この理念が指摘する事柄に異論を唱える人は少ないだろう。
 しかし,そういう意識を持って社会活動を行っている人がどれだけいるだろうか。
 (少なくとも,私自身は,自分がちゃんとできているとは思わない。)

 私たちの国が,自殺大国から,幸せを共有できる国に成熟するまで,まだまだ長い道のりが必要だと思う。

 自殺のことを考えると,どうしても心が重たくなってしまう。
 しかし,笑いと涙でしっかりと基本が学べる本がある。
 今日は,それを紹介したい。
yuurei

 「幽霊人命救助隊」
 高野和明/著(文春文庫)


 「幽霊人命救助隊」の題名のとおり,半分はSF小説だが,その内容は徹底したリアリズムに基づいている。

 「家庭不和」 , 「孤独」 , 「学校いじめ」 , 「過労」 , 「男女の愛憎」 , 「中小企業の経営難」 , 「多重債務」 , 「うつ病」 
などなど,我が国の自殺の背景にある事柄を見事に網羅している。
 そして,それが社会の中でどのような位置づけにあるかも,具体的に浮き彫りにしている。

 さらに見事なのは,これらの課題に対する解決策というかマニュアルを説得的に提示しているところだ。
 たとえば,
   ◆うつ病が疑われる場合は医者に行くこと
   ◆ちょっとした人間関係に目を向けること
   ◆家族間の相互理解を深めること
   ◆自己肯定の気持ちを口にすること
   ◆経済的救済に関する正しい法律知識を持つこと
   ◆多重債務は弁護士に相談すること

   等々

 これらを,ときに笑える軽いタッチと,ときに泣ける感動シーンを織り交ぜながら書かれた良書であり,お薦めである。
 自殺対策基本法の条文の文字面だけをつらつらと眺めるよりも,ずっと役に立つと確信する。
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/557-c62685e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。