上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日は,先物取引会社の社長の証人尋問がある。
 社長といっても,この先物取引会社は既に破産していて,現在,破産管財人が手続きを行っている最中なので,「元社長」と言った方がいいかも知れない。

 株式会社コーワフューチャーズという会社なのだが,この会社から被害を被ったということで私が依頼を受けたのは,この訴訟も含めて3件ある。
 たった一人の弁護士のところに,同じような被害が次々と立て続くというのはどういうことなのだろうか。
 しかも,訴訟沙汰になっているのは,私のところだけではない。


 破産管財人が債権者集会で説明した報告書によると,
■委託者とのトラブルが相次いだ

          ↓ そのため

■トラブルについて和解解決したが,和解金の支払いが多額になった

          ↓ そのため

■営業収益,売上高の確保を迫られた

          ↓ そのため

■委託者とトラブル(適合性原則違反,不当勧誘,両建,一任売買等)が頻発した

          ↓ そのため

■数多くの訴訟が起きた
という流れなのだそうである。

 不祥事を穴埋めするために,さらに不祥事を繰り返す・・・
 いやはや,典型的な自転車操業である。

 まあ,私たちにとっては,「さもありなん」という感じだ。
 しかし,実態を知らない善良な市民が真実を知ったら,現実にそんな会社が堂々と営業していたことに驚きを隠せないのではないか。


 ところで,こういう事例を通して私が思うことは,裁判所の社会公正維持機能の弱さである。

 同社が倒産に追い込まれたのには直接的な理由がある。
 主務省である,農林水産省・経済産業省が,思い切った厳しい業務停止処分に踏み切ったからである。(→こちらで公表されています

 監督官庁(行政)が,業者を監督をするのは当たり前じゃないか,という声もあるだろう。
 しかし,今回の行政処分は,同社を廃業に追い込む覚悟の上でなされた厳しい処分だった。
 いろんな背景事情や社会的要請があったとはいえ,たいへん勇気ある行動であった。


 それに引き換え…,
 裁判所には,何年も前から,同社を被告とする多数の被害事例が持ち込まれていたというにかかわらず,同社の違法な営業をダイレクトに制止する力にはなり切れなかった。

 なぜだろう。
 それは,裁判所が,「お互い様」とか「欲を出した消費者も悪い」などという,ヘンな配慮というか,社会的感覚からずれたバランス感で,お裁き(過失相殺判決,和解など)をするからだ。

 その結果,不祥事を起こした業者側にも,利益の一部が残るという,奇異な結論になる。

    不祥事を起こしても,ナンボか利益が手に残る
              ∥
    (高利で借金をしても,ナンボか現金が手に残る)

 こうしてみると,悪質業者が自転車操業的に不祥事を繰り返してしまう構造は,サラ金で自転車操業に陥る心理とよく似ているではないか。

 そして,それを後押ししているのが,大局的に見ると,裁判所の社会公正維持機能の弱さ(=「法律の殻」に閉じこもって,真の実態を正面から見つめることができない勇気の無さ)にあると思うのである。
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/623-d62b0d79
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。