上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 武富士の告発記事を書いた三宅勝久さんが,武富士から名誉毀損で訴えられました。
 しかし,正当な言論活動であるということで,三宅さんが勝訴し,武富士が敗訴しました。

 それで,今度は,三宅さんが,武富士を不当提訴だと言って訴えました。
 またもや,三宅さんが勝訴し,武富士が敗訴しました。

 まあ,これも当然ですよね。
以下は,今日の新聞記事(読売新聞)の要旨です。

武富士の提訴は不当、「週刊金曜日」への賠償命じる
 平成18年9月22日,消費者金融大手「武富士」が週刊誌「週刊金曜日」の記事について起こした名誉棄損訴訟をめぐって、発行元の「金曜日」と,記事を書いたフリージャーナリスト・三宅勝久さんが,「武富士の提訴は不当提訴だ」として,武富士と武井保雄元会長に2750万円の賠償を求めた訴訟の判決が東京地裁であった。
 阿部潤裁判長は、「提訴は言論や執筆活動を抑制するためのもので、裁判制度の趣旨や目的に著しく反し、違法」と述べて計240万円の支払いを命じた。
 武富士は2003年3月,週刊金曜日に掲載された「武富士残酷物語」などと題する記事について名誉棄損訴訟を起こしたが,敗訴した。
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/65-0c5b9da2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。