上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.05 支部長半年
 この4月から,兵庫県弁護士会尼崎支部の支部長をやっている。
 ちょうど半年を過ぎたところだ。

 兵庫県には,裁判所の支部が9つあり(尼崎,姫路,伊丹,明石,豊岡,洲本,社,柏原,龍野)これに対応して,中規模庁以上のところには,兵庫県弁護士会の支部も置いている。
 尼崎支部は会員61名で,弁護士会の支部としては,まあまあ大きい方である。
 (たとえば,マンガで有名な島根県弁護士会は30名台) 

 ここまで大過なく過ぎているけれども,まあ本当に雑務が多い。
 支部にも事務局員が2名いて,あらゆる業務に精通していて能力も高いので,安心してお任せできるのが救いである。
 しかし,それでもなんだかよく分からない雑務的な事柄が,常にあれこれころがっている。
 極力,省エネで対応しようと心がけているが,なかなかそうはいかない感じだ。

 支部の仕事に,三つの柱があるとしたら,

    ひとつは,市民サービスの窓口

    ひとつは,裁判所,検察庁,法テラス等の関係先との窓口

    ひとつは,支部会員内部の交流

という感じだろうか。

 この点,最近は,どれもこれも新しい時代を迎えて,大変さを感じる。

    市民サービスは,要求レベルが高まり,緊張感を要求されている

    法曹関係者とも,司法改革が本格化し,摩擦や緊張を感じている

    支部会員内部も,弁護士急増や極端な多忙化で,お疲れ気味である

近時,専門業種に対するバッシングの波が始まって久しいけれども,支部長をしていると,ぐるっとひとまわりして,とうとう弁護士への風当たりも強まってきたなあ,といろいろな面で感じる。 
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/679-17db3769
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。