上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 弁護士の隣接業種に司法書士とか行政書士があります。

 行政書士は,“カバチタレ”で有名になりましたが,司法書士行政書士も,よく自らを「街の法律家」と呼んだりします。
 マチ弁を自称する私にとっては類似業種になるわけです(笑)。

 ところで,最近,うちの事務所の近所に,よく似た名前の行政書士事務所があることを知りました(→ホームページ)。
 うちの事務所のホームページに比べると,ずっと営業チックで,こんなのがあるとは知りませんでした。

 しかも,そのHPには「行政書士に依頼すれば、大抵のことは何でも解決できる。」と堂々と書かれてます。
 さらに,「只今多忙につき無料相談は一時休止させて頂いております。誠に申し訳ありませんが他の法律事務所へご相談ください。」などと,書かれているではありませんか。

 「他の法律事務所」ってうちのことか????
(法務事務所と,法律事務所って全然ちがうんだけどな・・・)
 行政書士の監督官庁は総務省,司法書士の監督官庁は法務省です。
 これに対し,弁護士には監督官庁がありません。弁護士自治とか弁護士の独立といわれるゆえんです。

 司法書士さんとは,阪神・淡路まちづくり支援機構の活動や,サラ金被害救済活動を通じてお付き合いがあり,台所の様子もよく知っていますので,「街の法律家」といっても,私はそれほど違和感は感じません。試験もかなり難しいですし,お仕事の内容もかなり専門的です。

 ただ,行政書士さんについてはどうかな?
 少なくとも「行政書士に依頼すれば、大抵のことは何でも解決できる」というのは誇大広告だろうと思います。
 私なんぞは,大抵の事件は解決するまでに様々な困難にぶちあたりますし,特許や渉外事件などは手も付けられません。「何でも解決できる」などという豪語は,よーできません。

 それぞれの職域,得意分野,適性があることは間違いありません。
 ただ,市民の方々が,そこのあたりはよく分からない。
 その無知・不明に乗じて,「何でも任せて下さい」というのは,問題があると考えます。
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/68-74079a56
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。