上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日,午後4時に,今年度の司法試験の合格発表がありました。

わたしたちの事務所で,アルバイトをしていたロースクール卒業生の彼が,合格をしました。
真面目に,ひたむきに,誠実に,取り組んでいた姿を横で見ていたので,
この合格の結果は,「ホントによかった・・・」の一言に尽きます。

現在の司法試験は,3回で受験資格を失うという制度になっています。
したがって,卒業3年目を迎えると,否応なく背水の陣を迫られるわけですが,
必死に頑張る一生懸命な姿は,実を言えば,周囲の者としても,結構プレッシャーでした。
「ホントによかった!」

ただいま,わが事務所の弁護士ルームは,この話題で盛り上がっています。

というのは,同僚弁護士のうち,2名が関西学院大学のロースクールに,
1名が近畿大学のロースクールに,教えに行っているのですが,
それぞれの大学別の合格者数を見て,あーだこーだ言い合っているのです。

関・関・同・立(関大,関学,同志社,立命館)の中で,関学の合格率がトップだ!と,徳岡さんが叫んでいます。
あっちこっちに電話して,「やったなあ~」,「すげーぜー」と声掛けしています。
教える側にとっても,合格発表は一大事なんですね。

ついでにいうと,神戸大学のロースクールは,合格率では東大とほぼ同じ。
ちょっとした驚きでした。

他方で,兵庫県内では,姫路獨協大学が合格者0名ということで,存続自体が心配される結果となっています。
学校側にとっても,死活問題なのです。

ロースクールが始まってから3度目の合格発表。
ただいま,ロースクール制度自体も,いろいろな問題提起を受けて,全体が背水の陣を余儀なくされています。
まさに,ひきこもごもです。
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/681-bac83a18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。