上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日のNHKの「SONGS」はご覧になりましたか?
 沢田研二Part1と題して,「我が窮状」を熱唱しました(→番組案内はこちら

 「我が窮状」は,憲法9条を守っていこうというストレートな歌です。
 作詞は,ジュリー(沢田研二)ご自身で,9月13日の朝日新聞には,
   「還暦に憲法への思いを歌う」
というサブタイトルで,「ひと」の欄に取り上げられていました。

 まずは,歌詞を見て下さい(あちこちのサイトで取り上げられていますが,CDを買いましょう!)
 私が,さすが一流アーティストだなあ,とセンスを感じるのは,
   「麗しの国 日本」
   「日本に生まれ 誇りも感じている」
   「英霊の涙」
というフレーズで,ステレオタイプな護憲派であれば決して使わないような(というかアレルギーを感じる人もあるだろう)言葉を,前面にドーンと出しているところです。
 誇りある愛国者を自負する私としては,大いに共感。

 また,「真の平和」とか「日本の核」とか「老いたる」とか「過ち」といった,難しい言葉を使いながら,素敵なバラードに仕上げているところも,うならせるポイントです。

 朝日新聞の記事では,
  「60歳になったら,言いたいことをコソッと言うのもいいかな」
    とか
  「言葉に出さないが9条を守りたいと願っている人たちに,私も同じ願いですよというサインを送りたい」
などという,ちょっと控えめなコメントをしています。
 しかし,天下のジュリーの一言を,タイガース世代が放っておくはずがないでしょう。

 「我が窮状」の歌詞は,憲法9条に関する問題の所在,現状認識,あるべき方向性,主張,全て揃った完成品です。
 むしろ「還暦世代よ!オレに付いてこい!」というアニキ的な風格さえ感じます。

 この混沌とした時代に,憲法9条という難解な代物を,ストレートな思いで文化・芸術に高めるセンスと勇気に,私は感激を覚えました。
 そして,関西の文化人としての気骨をたたえたいです。

 SONGSの再放送は,20日(土)の3:40~ 23日(火)の3:15~
 「沢田研二 LIVE 2008 還暦だぞ!! ROCK’N ROLL MARCH」の予定は→こちら

 (黄色い声で)キャ~,ジュリ~!
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/687-ed6d421d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。