上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日,カップヌードルを無性に食べたくなったのは,「カップヌードルから防虫剤検出」のニュースに接したからです。
 メーカーの日清は,50万食の回収に及ぶのだそうです。

 しかしながら,ラーメン党員としては,こういうときこそ,常日頃からお世話になっている感謝の気持ちを込めて,食べさせていただきたいのです。

 だいたい,最近の「食の安全」キャンペーンには,いささか首をかしげざるを得ません。
 ちょっとしたきっかけで,社会全体で一斉バッシングに走る傾向に,なんとなく「危うさ」も感じています。 

 もちろん,ヒドイ話もあります。詐欺的な偽装は問答無用でイカンです。
 しかし,神経過敏というべきケースも散見されますし,これまで長年にわたって認めてきた事柄までひっくり返す(=たとえば,「宇治茶」は,宇治以外の生産地でないと偽装だ!というのは言い過ぎだと思う。)のは,行き過ぎた消費者主義と言わざるを得ません。
 「多様性を認めましょうよ」,という日本国憲法の理念からすると,ちょっとズレてる気がします。
20081025125834.jpg
(※ちなみに,日清のホームページのTOPには,「《お客様へのお願い》「防虫剤」「殺虫剤」「洗剤」「芳香剤」などの臭いの強い物のそばにインスタントラーメンを置くと、それらの臭いを吸収する「移り香 (うつりが)」が起こることが弊社の食品安全研究所にて確認されております。同じ場所に保管されることを避けていただきたくお願い申し上げます」と書かれていました。実際,そういうところに置きがちですよね。)

 まあ,そういうトンコツならぬ反骨精神もあって,今日は,久々にカップめんをおいしく食させていただきました。

 ・・・・しかし,そのとき,同時に大きなショックを受けたのです!
20081025130257.jpg
 食べようとしたその瞬間,カップめんの裏ブタの印刷に「10年保存 缶ヌードル(タイムカン)」が,10年持たないかも!ということで自主回収をしているとの忠告書きを目にしたのです。
(※ちなみに,上の写真の左側に写っている缶が,タイムカンです。)


 2000年に購入して,手元に大事に持っていたのに・・・・・・

 あと2年で10年目だったのに・・・・・

 ということで,食の安全問題には,勇ましく反骨精神を見せたものの,
 ラーメンロマンに差した影に対しては,もろくも心を痛めてしまった,
 カップめん好きの男のひとときでありました。


(それでも・・・,あと2年待ってから,タイム缶ヌードルを食べよう!それがラーメンロマン!)
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/694-3249608c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。