上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最高裁判所の判事というのは,司法に対し,国民の意思を反映させることができる唯一のポストである。
 すなわち,
  (1)内閣が任命することになっており(憲法79条1項)
  (2)選挙の際に国民審査に付されることになっている(同2項)
からである。

 つまり,最高裁判事は,それだけ民主的な正当性を持ち,他方,政治的な存在である,ということである。

 ここ最近,2つの人事があった。
 なんとなく政治的なキナ臭さを感じる人事だった。

 一つは,横尾和子裁判官の依願退官である(2008年9月10日付)
 横尾判事は,女性官僚として華々しい経歴を持っていたが,その中でも,社会保険庁長官を勤め,基礎年金制度の導入を行ったという実績がある。
 この社保庁長官の経歴を,ネットや新聞で叩かれ,依願退官につながったようである。
 批判に耐えることも裁判官の重要な宿命であり,それが裁判官の独立のスピリッツでもあるはずだ。
 しかし,福田総理が辞任表明をした直後の退官劇で,タイミング的に,なんとなく政治的なキナ臭さを感じる。

 もう一つは,つい先日(2008年10月21日)に任命された,竹内行夫裁判官である。
 竹内氏は,元外務事務次官である。
 それだけでも政治色プンプンであるが,小泉政権下でイラク派兵を進め,イラク戦争支持の日本政府に抗議した天木直人元レバノン大使をクビにした張本人とのことである。
 これは,名古屋高裁違憲判決に対する,政治的なアテツケと見られても仕方ないだろう。
 竹内氏については,イラク派兵違憲訴訟の弁護団の方から,国民審査で罷免を求めるメールが届いているので,参考までに後掲引用しておく。

 そんな中で,最高裁長官の候補として,竹崎博允判事が,推挙されることとなった。
 新聞記事によると,いきなり長官に抜擢されるのは異例なのだそうだ。
 司法行政の経験が長い典型的なエリート裁判官のようであり,裁判員制度の設計の中心を担ったことから,5月以降の新制度に向けてテコ入れする趣旨であると評価されている。
 そういう意味で,純然たる司法界のエースということであれば,どうか,最近の人事の政治的なキナ臭さを消し去って,信頼できる最高裁判所を運営していって欲しいものである。

 竹崎判事は,若い頃に,鹿児島地裁名瀬支部の裁判官を務めている。
 これは,まさにNHKドラマ『ジャッジ』の赴任地である。
 Drコトーの裁判官版よろしく,人情味を忘れないで欲しい。

 判例検索によると,東京地裁裁判長時代の無罪判決(H7.9.29判決)や認定落ち判決(H8.2.7),東京高裁時代の無罪判決(H6.3.15)や,被告人の裁判出頭権確保決定(H6.2.10)など,勇気ある判決もいくつか出している。
 どんなお人柄なのか,現時点ではよく知らないが,とりあえずは期待を寄せたい。
 以下,イラク派兵差止訴訟弁護団の弁護士さんからきたメールの要旨抜粋して引用します。
 竹内行夫(元外務事務次官)最高裁裁判官に不信任を!

 10月21日,麻生内閣は竹内行夫元外務事務次官を最高裁裁判官に任命しました。
 竹内行夫は,インドネシア大使などを歴任後,2002年から2005年まで外務事務次官を務め人物です。
 小泉政権のイラク戦争支持やイラク派兵を進めた張本人で,イラク戦争支持の日本政府に抗議した天木直人元レバノン大使をクビにした張本人でもあります。

 そもそも,行政組織のトップだった人物が司法府のトップとなること自体,三権分立から問題があります(法律上は禁止規定はありませんが)。

 しかも,イラク派兵については,2008年4月17日,名古屋高等裁判所において違憲判決が下されており,政府は年末にもイラクから自衛隊を撤退させる方針です。
 竹内は,まさに,憲法違反と断罪されたイラク派兵を進めた行政のトップだった人物です。憲法違反の政策を行った張本人です。
 そのような人物を,政府が違憲立法審査権を有する,憲法の番人たる最高裁裁判官にすえる,ということは,政府による平和憲法に対する明らかな「挑戦」です。

 違憲判決が出た直後の最高裁人事ということからも,政府による司法への介入の狙いが見え隠れします。
 竹内は,小泉の対米盲従外交を支え,違憲の海外派兵を推し進めた本人です。今後政府が海外派兵を進めていく上で,名古屋高裁のような違憲判決を今後出ては困る,そこで政府が司法府に対する縛りをかけるために最高裁に竹内を送り込んだと考えるべきではないでしょうか。
 この最高裁人事は,政府の「今後も違憲の海外派兵を進めていく」という明確な意思に基づくもので,その先には明文改憲も視野に入っています。

 このような人事を絶対に許してはなりません。

※過去に,外務省からは過去に6名…(中略)…,外務次官経験者で最高裁裁判官となったのは下田武三ただ一人です。

 下田は,石田和外最高裁長官の「司法反動」を支えるために最高裁に送り込まれた人物で、最高裁裁判官任官直後に「裁判官は体制を批判してはならない」と「体制絶対擁護発言」を堂々と行った人物です。公務員の労働基本権の制約を正当化した全農林警職法事件判決で、多数意見に賛同。全逓名古屋中郵事件では労働者を弾圧する内容の少数意見を示しています。他にも,いわゆる尊属殺人罪規定違憲判決について,最高裁裁判官15人中ただ一人合憲の反対意見を出しています。
 極端な「体制擁護」の立場であったためか,1972年の国民審査において、不信任率15.17%を得ています。これはこれまで最高の不信任率です。

 今回の最高裁人事は平和憲法破壊を目的に、竹内を「第二の下田」として送り込む「新たな司法反動シフト」と見るべきではないでしょうか。

2.竹内バッテン運動を!
(1)国民投票で「×」バッテンを!
 (中略)
(2)公選法上の縛りはありません
 (中略)
(3)アピールの仕方はそれぞれ自由に
 (中略)
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/697-7c9f7e8f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。