上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2008年の世相は,漢字一字で
     『変』
ということでした。

 しかし,私としては,何となくピンと来ませんでした。

 それは,「変」というのが,今年の世相と言うよりも,今年全体を通じて感じる“ガックリ感”のウラオモテだから(=今年のことはサッサと忘れて,来年以降に期待を込めたい,という希望)だろうと思っています。


 私は,今年は,隠していたことがバレた,というか,初めから自明なことにみんなが一斉に気付いた年だと思います。

 いわば,問題が露見したので
   『露』(=あらわ)
という漢字が,あえて言うなら的確かなあと考えています。


たとえば・・・・・

生活の面でいいますと,
◆餃子や米など食品安全の問題は,以前から疑われていた事実にみんなが目を向けただけのことですし,

◆後期高齢者医療制度の問題も,制度を作った最初から分かっていたことですし,

◆派遣労働者問題も,派遣自由化したときから懸念された事が起きただけのことですし,

経済の面でいいますと,
◆サブプライムローンの問題は,当初から盛り込まれていたリスクが現実化しただけのことですし,

◆株価下落も,実体経済が弱いのだから,いつか起きることだったわけですし,

◆世界的不況も,アメリカの没落傾向に,世界中が気付いただけのことですし,

政治の世界でいいますと,
◆首相がコロコロ変わるのも,政治界に有為な人材が不足して,適任者が枯渇してしまっただけのことですし,

◆ねじれ国会による空転は,憲法が最初から予定していた民主主義のスタイルに対応できていないだけのことですし,

◆既存政党が瀕死の状態にあるのは,中身のお粗末さに国民がそっぽを向いたからですし,

私の身近な司法の世界でいいますと,
◆裁判員制度の批判が高まるのも,制度設計の段階から指摘されていた問題ばかりですし,

◆法曹人口激増による弊害問題も,当初から問題にされていたことが現実化しただけのことですし,

◆ロースクールの危機も,当初の乱立状況から,誰でも予想できたことですし,

どの分野の問題も,はじめからプログラミングされていたバグが露見しただけのことだと思うのです。


 ただ,ここで,私は世相の暗さを指摘したいのではありません。

 ポイントは,これらを掘り起こして問題視したのが,市民,消費者,大衆,国民であるということです。

 食品安全問題は消費者,後期高齢者は国民,雇用問題は労働者,経済問題は大衆,政治問題は世論,裁判員問題も世論が,それぞれ問題に気付いて,今年の顛末に結びついたと思うのです。

 民主主義の第一歩は,問題を主体的に考えることにあります。

 今年の問題の火種や原因は,ほぼ全て,民主主義が機能不全に陥っている間に,制度設計をお上にお任せっきりにして,国民・消費者が不在の状況の中で作られたものばかりです。

 国民が,主体的に考えて取り組めば,おそらく起こり得なかったともいえるでしょう。

 そういう意味で,民主主義の実践のための教材を多く与えてくれた一年であったともいえるでしょう。


 このように『露』(あらわ)になった問題に,市民・消費者・国民自らが立ち向かって,克服していくのが次年度の課題です。

 『変』(かえていく)は,翌年の,わたしたち自身のテーマだと思います。

(この記事は,何か年末の総括をすべきではないか,とのリクエストコメントを受けて,2009年1月6日に書いたものです。)
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/731-e7839b56
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。