上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.03 加藤周一さん
 私の考え方に,最も大きな影響を与えた文化人は誰か?
 と尋ねられたら,間髪入れず,
   加藤周一さん
の名前を挙げることでしょう。

 加藤周一さんのことは,高校時代の友人の三宅芳夫くん(今は千葉大学でヨーロッパの社会や思想などを教えているらしい。)から,その思想と書物を紹介されたのがきっかけでした。

 三宅君の言うことは,常日頃からたいへん興味深かったのですが,少々難解なところがあってポカーンと聞いていることが多かったのです。
 しかし,その源泉に,加藤周一さんの思想があるということを知って,彼の発言を理解するために,セッセと読んだのを思い出します。
 そのうち,加藤ワールドに引き込まれて行ったという経過です。

 加藤周一さんの論述も,なかなか難しい言い回しも多く,極めて理屈っぽい思考過程も特徴ですが,
     結論とするところは極めてシンプル
だと思うのです。

 また,そのシンプルな結論は,
     現実的で,客観的で,理性的な
ところに個性があらわれていたと思うのです。

 私にとって,昨年末の加藤周一さんの逝去の報は,非常にショックでした。
 加藤さんのことについて,何度かに分けてコメントしたいと思います。
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/744-7a7f897d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。