上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先日、神戸市内の小学校に行ってきました。
 「憲法」の先生として、特別授業をするためです。

 対象は、小学6年生の児童のみなさんでした。

 約70名の将来の日本を担うみなさんに、
     憲法とは何か
を話しするという,実にエキサイトな企画です。

 教材は,奈良弁護士会が誇る特製絵本
     「憲法って,何だろう?」
です。
 私が,現時点で,最も優れた日本国憲法の案内書だと思う本です。

 ◆憲法は私たちの日々の生活と関係がないと思いますか?

 ◆憲法の中で一番大切な価値ってなんだろう?

 ◆民主主義って「多数決」とどう違うの?

 ◆「平等」って、みんな同じようにするということかな?

 ◆ケンカと戦争はどこが違うんだろう?

 ◆なぜ「戦争」はいけないんだろう?


IMAGE_027.jpg
 という内容で、なかなか盛り沢山でした。

 しかし、生徒のみなさんは、たっぷり2時間,最初から最後までしっかりと聴いてくれたました。

 生徒のみなさんから、感想文をいただきました。

 とても嬉しかったです。

 また,とても励ましになりました。

 何より,感想文の内容は,これまた優れた憲法の副読本のように思えます。

 むしろ,私の方が,かえって新しい発見をいただいたような気がします。

Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/753-69a69831
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。