上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 神戸で「第1回 津久井会」を開催しました。

 なんやそれ?と思われるでしょうね。

 決して怪しげな集まりではなく,「津久井」の姓を名乗る人が3人集ったというだけのことです。

 この関西では,津久井姓が珍しいのですが,
偶然にも,毎日新聞阪神支局に津久井達さんという記者さんがいらっしゃったので,
一度,メシでも喰いましょうか,という話が発展したものです。

 そして,もう一人,今回はじめてお声掛けしたのが,人と防災未来センター語り部(かたりべ)としてご活躍中の,津久井幸子さんです。

 津久井幸子さんは,阪神大震災で生き埋めになるなどの被災体験をされましたが,その経験を伝える貴重な役目を果たしておられます。
(→津久井幸子さんの語り部としてのお話は,こちらや,こちらや,こちらをどうぞ。きっと,誰もが何か感じるところがあることでしょう。)

 震災当時の話や,
 それぞれの出身(ルーツ)の話などで,和気藹々と盛り上がりました。
 楽しいひとときでありました。

 また関西在住の津久井さんと出会ったら,第2回津久井会を開きたいと思います。

(ところで,「つくい」と言っても「フクイ」と聞き違いされるとか,「ツクイって,大津のツに,ひさしいと書いて,井戸のイです。」という名前の書き方の説明の仕方など,共通体験も多かったのですが,一緒に話をしながら呼びかけるときに,いちいちお互いに「つくいさん」と呼び合うのが,何となく不思議な感覚でありました。)
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/760-609ccef8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。