IMAGE_035.jpg
 「外食」というと,私の場合,ラーメン屋オンリーのような感がありますけれども、実は、街角の洋食屋の隠れファンでもあります。

 神戸で言うと「赤ちゃん」とか、「金プラ」とか、「もん」なんか、たまらないですね。

 事務所の近所の「トゥール・ド・ボー」なども、私にとって特別のお店です。


 目の前の厨房で、コック帽子をかぶったおっちゃんが、フライパンをガチャガチャやっている姿は、なんとなく庶民的で、身も心もリラックスされます。

 こうして,ほぐれた舌と心によって、旨さが倍増するのではないかと、勝手に解釈しています。


 だいたい近所に1軒ぐらい洋食の名店があるものです。
IMAGE_036.jpg

 10年通してはじめて近所の洋食屋「グリル飯田」に行ってみました。

 ボリューム満点でした。

 ドカーンと,ビフカツとオムライスを注文しましたが,目の前で肉を切って叩くところから始まる,クッキングプロセスがぜ~んぶ丸見え,というのも食欲を高まらせる小店のならではの見事な演出です。

 おなか一杯で,大満足。
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/765-2ed66a6d