上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先物取引被害全国研究会のメンバーは約500人にのぼるが,実力,実績,人柄ともに一級品で,リーダー格として牽引役をしているのが荒井哲朗さんである。
 朝日新聞の平成21年3月26日の朝刊17面「私の視点ワイド」に,荒井さんの記事が出ていた。

 私も,心底賛同し「よく言った!」と思ったので,是非とも紹介をしておきたい。
 テーマは「金融被害」で,題目は,
  投資なんか,しなくていい
 結論ズバリ!

 内容も,ハッとさせられたり,うなずいたりしてしまう。
 ぜひ,紹介したい。
 近年,「貯蓄から投資へ」というスローガンが当たり前のように喧伝されている。
 世情に「投資をしなければならない」という雰囲気が蔓延し,一般市民が強迫観念や不安感さえ感じる傾向にある。
 「賢い投資をしよう」などと言って,子どもには投資教育が勧められる。
 超低金利などを強調して,年寄りには老後資金を投資に向けるように誘導される。

 しかし,本当に,誰もかれもが投資をすることが必要なのか。

 日本における投資の実態を見る限り,それは誤りである。
 一人ひとりの消費者にとって,投資をしない方が,「健全」だし,「安全」だし,多くの場合は「経済的にも有利」である。
 「少しでも良い投資をしたい」という考えに付け込むのが,詐欺的商法の常套手段だ。
 中学生に必要なのは,株式投資教育より,愛と夢を語り学ぶのが先決だ。

 荒井さんは言う。
 「誰も声を大にして言わないので,私が言おう。『投資なんか,しなくていい』」


 私も,小さい声の一つに過ぎないが,荒井さんに追随したい。


 憲法は,一人ひとりの幸せを実現することを目的としている。
 しかし,現実の社会では,何度も投資経済の失敗を繰り返し,その最終的なしわ寄せは個人に及び,一人ひとりの生活の「安全」がおびやかされてばかりである。
 今,個人(アマチュア)にとって,投資なんかいらない!
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/770-bec76426
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。