上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 JC(青年会議所)というと,何となくノンポリ&ボンボンの集団というようなイメージがあるけれども、そのイメージを思いっきり覆す迫力を持つ人物が、今年度のトップ(会頭)に立つ安里繁信さんだ。

 安里氏は、徹底したマイノリティである。
 しかし、逆にそれを前面に打ち出して、力強いメッセージを発信する。
 マイノリティというのは,「沖縄」、「貧困」、「学歴」、「労働者」,「不登校」,「障害」といった、自らが負ってきた数々のハンディキャップを、(よくあるようにコンプレックスとして自分の内部にしまい込んだりせず)逆にバネにしてのし上がってきた。

 安里氏は,われわれ庶民が昔から美談として憧れる「たたき上げ」を地で行っている人である。

 オバマ大統領がマイノリティと過去の不遇を背景に、力強い演説力を武器にして、ここまでのし上がってきた。
 いろんな意味でイメージが重なる。

 今日聞いた雄弁な演説によると,安里氏は企業人、経済人としての成功に止まることなく、さらに成長し,10年後を見ていて欲しいとのこと。
 JC出身の政治家というと、最右翼が麻生首相である。
 その逆を行くのが安里会頭である。
 素直な期待を持ちながら,今後の歩みに注目したいと思う。
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/774-2204034d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。