上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先日,東京の弁護士・荒井哲朗さんの
    「投資なんか,しなくていい」
という朝日新聞の記事を紹介した。
 私は,抜群のセンスと内容だと思ったので紹介したが,本日,第2弾を見つけた。

 私も所属している神戸先物・証券被害研究会のエースで事務局長の村上英樹さんが,インタビューに応えて,それが記事になった,神戸新聞の,
   「老後資金、運用にご注意 トラブル多発 相談急増」
という記事だ。(→記事はこちら


 この記事のタイトルについて,村上さんの注文は,
    「今こそ投資から貯蓄へ」
というものだったそうで,政府先導で猫も杓子も「貯蓄から投資へ」と唱えていたのを逆さにした,なかなかセンスあるキャッチフレーズだったと思うが,採用されずに残念だ。
(→村上さんのブログはこちら

 村上さんは,
 悪質業者は形態を変え、投資詐欺などが増えている。運用には高度な技術が必要で、もうけるのは難しい。理解できなければ手を出さない方がいい
と呼びかける。

 ホンマにそのとおりだ。

 つい先日も,未公開株の投資被害の相談を受けたばかりだ。
 彼らはどうせ悪質先物取引業者の残党であろう。

 こんなこともあった。実話である。
 この間まで私が担当していた裁判で被告として訴えていた先物会社の社員(外務員)が,裁判中に,別のロコ・ロンドン会社の社員(同一人物!)として,新たに別の悪さをしていたのが発覚し,被害者が私のところに駆け込んできた。
    相手(被害者)変われど主(加害者)変わらず
とは,このことである。
 ちなみに,当該先物会社は倒産して現存せず,ロコ・ロンドン会社も倒産して消滅した。

 このような不安定な経済を背景に悪意が蠢くご時世で,もはや「投資」は時代遅れだ。 
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/776-4c3e62ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。