私は,本日,誕生日を迎え不惑の40歳となりました。

 憲法記念日に生まれたことは,私の誇りでもあり,アイデンティティでもありますが,
憲法の方は,記念日を迎えるたびに「改正,改正」などと退陣の突き上げを食らってばかりで,気の毒になります。
 ですから,
       「しっかり,惑わずに,憲法マインドを実践していくこと」
が,40歳の誓いということになります。


 ところで,不惑というのは「惑わない」とか「まよわない」という意味だと思い込んでいましたが,どうも,それだけの意味はないようです。

 原典は,ご存知のとおり,孔子の論語です。
子曰(しいわく)
吾十有五而志于学(吾,十五にして学に志し)
三十而立(三十にして立つ)
四十而不惑(四十にして惑わず)
五十而知天命(五十にして天命を知る)
六十而耳順(六十にして耳に順い)
七十而従心所欲不踰矩(七十にして心の欲する所に従ひて矩を踰えず)
 ここで,「不惑」というと,そのまま「まどわない」と訳されていて,広辞苑でも「まどわないこと」という程度の訳しか書かれていません。

 しかし,東京大学教授で,中国文学者の第一人者だった藤堂明保先生によれば,
 「惑」という字には,
    国や境界を区切るとか,
    限定する,
    枠にとらわれる
という意味があるとのことで,
孔子が,「四十而不惑」と書いたのは,
    四十歳で狭い枠にとらわれないようになった
という意味なのだそうです。
    
 確かに,そういう風に読んだ方が,
  15歳で学び,30歳で自らを知り,40歳で視野を広げ,50歳で真実を知り,60歳で懐を広げ,70歳で自由になった
という感じで自然に流れていく感じがします。


 これまで,40歳の不惑というのは,「まどわない」という,ともすると頑迷さの緒を連想する意味のように捉えていましたが,
  むしろ,
「狭い枠や,狭い視野にとらわれず,広くグローバルになる」
というものだと受け止め,さきほどの40歳の誓いを少し改めて
       「しっかり惑わず,広い視野をもって,憲法マインドを実践していくこと」
としたいと思います。

 ちなみに,憲法の40歳の記念日には,西宮市役所の真ん前にある朝日新聞阪神支局襲撃事件が発生しました。
 因果を感じます。

 憲法は,「まどわない」存在であって欲しいところですし,
 狭い視野から叫ばれるヘンテコな改憲論議などにもとらわれないで欲しいですが,
 憲法マインド自体が,「狭い枠にとらわれない,広い視野」を持ったものですので,
    「不惑の最高法規」
として,今後も活躍してもらいたいと思います。
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/795-dfee2b87