忌野清志郎さんは,ホンモノのアーティストでした。
 本当に残念でなりません。

 2005年4月24日,忌野清志郎さんが,東京・代々木公園で開かれたアースデイ東京2005のステージで,ファンにアピールしたそうです。
「戦争はやめたほうがいい。地球にもよくない」

「ロックの基本は愛と平和だ。」

「一番の環境破壊は戦争なんだ。」

「この国の憲法九条を知っているかい。戦争はしない。戦争に加担しない。愛と平和なんだ。まるでジョン・レノンの歌みたいじゃないか」


・・・・いいじゃないっすか!

もちろん清志郎さんは,愛国心にも満ちていた。
不謹慎ソングだと言われた「君が代~清志郎バージョン」も,形式的に歌う君が代なんかより,ずっと心がこもっていていいと思うんですけど。
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/796-953cc717