上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 『世界がもし100人の村だったら』の池田香代子さんがブログをはじめました。
 池田さんの感性は,とても素敵なのですが,ブログも池田さんの肉筆感にあふれていて,とても良い感じです。

 いせ九条の会が刊行した『この夏をこえて』(頒価500円)のあとがきが,アップされています。
    若い人に語りかける『戦争』
というタイトルです。
        ↓
"> ikedakayoko.jpg


 池田さんらしい,逆説的な切り口から,やわらかい上品な言葉で,本質的なことを語りかけています。

 文中の,私の「ナルホド」部分ですけれども,
 災害などで果敢に人命救助にあたるプロフェッショナル(消防,警察のハイパーレスキュー隊員,海上保安庁の潜水士「海猿」など)
    と
 軍人たち
の違いがどこにあるか,というところで,

 災害プロフェッショナルは,「命をなげうつ」なんて考えない
 なぜなら一人ひとりの人間の命のために働くのだから

    けれども
 軍人はお国のために命をなげうつ
 なぜなら兵士は死傷するのが当然の消耗品だから


という部分は,まさにその通り!と感じたとこです。
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/813-a9931eaf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。