8月17日午後1時から、兵庫県弁護士会を会場にして,
台風9号被害に関する電話による法律相談を実施しました。

(これは,佐用町の久崎の商店街の8月13日時点の写真です)
P8130062.jpg


臨時電話のフリーダイヤルで設置したのは2回線。
これに対し,
急な招集にもかかわらず,集まった弁護士有志は,12人!

頼もしい限りです。

地元からも,たつのひまわり基金法律事務所の荻野先生,
宍粟市で孤軍奮闘している三浦先生
佐用町出身(ボランティア出動済み)の戸谷先生
など,今後にもつながるメンバーが揃いました。

事前に佐用町役場の方と意見交換していたところ,
まだまだ現場がたいへんで相談どころではないのではないか,
という懸念もありましたが,実際には,
   18件
もの相談が寄せられました。

 相談者の住所は,
  ・佐用町  12件
  ・宍粟市   0件
  ・その他   4件  朝来市、豊岡市(旧但東町)、福崎町、芦屋市
  ・不明    2件

 相談内容は,どれも深刻な内容ですが,今後の復興への営みへの不安を中心とするものでした。

 今回の電話相談の結果をふまえて、佐用町や宍粟市など現地での相談会を実施してはどうかという声も出ています。
 もっとも,現地は片付けや仮設住宅への入居などバタバタしている状況が続いています。
 なので,しばらく落ち着いてから,あらためて,ということになりそうです。
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/815-a49ff641