上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.24 樫野孝人さん
 樫野孝人さんと,ひょんなことから知り合いになった。

 樫野さんは,長田高校,神戸大学の先輩である。
 私の同級生も樫野さんの会社に勤めて映画のプロデュースなどをやっているそうだ。
 樫野さんのことは,ご自身のブログ(→こちら)や,HP(→こちら)にあるとおり。
 性格やお人柄も,よく分かる。
情熱仕掛人 かしの たかひと 「神戸は変わる。」www.kashino.net

 樫野さんは神戸市長選挙に出馬することを表明しているが,
 神戸市は,自民・公明・民主の相乗りで助役出身の市長が,なが~い間ずっと続いている。

 神戸ってまちは,なんとなく先進的なイメージがあるかも知れないが,
 全体的な雰囲気は保守的である。
 もし,先進的なイメージがあるとしたら,
 それは,右肩上がりの経済成長時代のイメージの残り香のようなもの。

 バブル崩壊後の右肩下がりのトレンドには,残念ながら乗り遅れ,
 震災のダメージは,復興の過程で,さらに深層化してしまった。
 新潟中越地震の復興と比べると,どうしても暗いイメージがつきまとう。
 
 この雰囲気を打破するには,何が必要か?

 私は,基本に立ち戻って「民主主義」だと言いたい。
 民主主義とは何か?
 一言で言えば,
   「他人(市民)の意見に耳を傾けること」
である。
 独裁政治,愚衆政治,多数決絶対主義・・・・いずれも人の意見に耳を傾けないからダメなのだ。

 樫野さんは,本当に人の意見に率直に,真摯に耳を傾ける。
 民主主義を実践し,それを企業活動の成功に結びつけた希有な人である。

 かつて「神戸市株式会社」と呼ばれたモデル自治体を,
 民主主義の手法で,民事再生して,
   「新生神戸市」
とするには,人の意見に耳を傾ける能力に卓越した樫野さんの手腕が,最も期待できるところだと思う。
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/838-bd1db191
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。