上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尼崎脱線事故をめぐる事故調査委員会の情報漏洩事件に関して,
事態の収拾にむけて,いろいろな動きが出ている。

前原国土交通大臣は,JR西に対する漏洩問題調査と再発防止策の策定を命じ,
JR西は,これを実行するための「コンプライアンス特別委員会」を設置し,
被害者に対しては,おわびと説明の会を設けるという。

なんとなく,ちゃんとやっているように見える。
しかし,なにか引っかかる。

 まず,秘密漏洩問題について,第1次的な責任があるのは,何を置いても事故調査委員会そのものである
中立性や公正さを求められ,秘密漏洩が禁止されているのは,事故調なのだから。
秘密漏洩問題の調査と,再発防止策を,まず進んでやるべきは,事故調(=国交省)であるはずだ。
「ナントカ委員会」を設置するのは,国交省/運輸安全委員会の方であろう


 また,今回の件で,最も信頼が失墜したのは「事故調査報告書」そのものである。
JR西は,もともと信頼が地に落ちているのだから,いわば不信の上塗りをしただけだ。
(=要は,JR西については,「ああ,やっぱりそうだったのか」と,情けなくも,理解できることだった)
信頼回復をすべきは,あれだけ時間と労力を掛けて完成させた「事故調査報告書」である。
名目はナンデモ良いので,直ちに,再調査に着手し,JR西が,(おそらく故意に)提出しなかった重要資料を再検討して,補充の報告書を提出すべきだ。


 そもそも論になるが,事故調査委員会(運輸安全委員会)の調査のあり方も再検討すべきだ。
調査の進め方を秘密重視にするから,JR西も,ヨコシマな覗き心を起こすわけだし,
オープンでないから,被害者も,世間も,JR西の「事故調査委員会に全面的に協力する」という能書きを信じるしかなかったのである。
国政や地方自治でも「情報開示」は,最も効果的な切り札である。
責任追及をする機関ではないのだから,もっと関係者,被害者,社会に広くオープンな形で,調査を行う体制に見直すべきではないか。


 そして,JR西は,「今回の漏洩問題」に限定した調査を行うようだが,意味がない。
今回の漏洩問題は,企業全体に染み着いている「自己中心主義」の,一つのあらわれに過ぎない。
今回のような事態に陥った原因は,
脱線事故の原因について,自らきちんと調査と究明と説明をしようとしなかったからである。
「自ら調査をしません!」などというつまらない建前を貫いたため,陰でコソコソと非違行為をやらざるを得なかったのだ。
今やるべきことは,「漏洩問題の調査」ではなく,「事故そのもの」の原因を自ら徹底調査することである。
それが,真の「コンプライアンス」(=現下の社会的要請に応えること)(≠単なる法令遵守)になるはずだ。


 JR西は,被害者に対して,「おわびと説明」をするという。
当然やるべき儀式かも知れないが,それ以上に何か意味があるのか。
これまで,JR西は,何度も何度もお詫びの機会を重ねている。
事故そのもの,役員天下り,不適切対応,二次被害,そして秘密漏洩・・・・・
キリがない。
おそらく,被害者の方々は,むなしさや疲れを深めるばかりなのではなかろうか。
被害者に対して行うべきことは,実のある「救済」であろう。
表向きは謝罪のパフォーマンスを行っているが,個々の被害者に対する賠償交渉等では,被害者の立場に立った十分な救済を行っているとは思えない場面が多々見られる。
今求められる被害者に対する対応は,「形や儀式」よりも,内容と意味のある「実行」であるはずだ。


 JR西は,山崎前社長の刑事裁判が,喉元に引っかかっていて,本音が言えないという面もあるだろう。
しかし,事故後における,JR西の最大の過ちは,自分に都合良く問題をゆがめてしまったことだ。
◆事故原因の問題は,自らきちんと対処するべきこと(←表では事故調まかせにするといいながら,裏では事故調に不当な働きかけをした)
◆事故の責任の問題は,潔く,司法に身を委ねること(←表では捜査中だからといって口をつぐみ,裏では責任を免れようとして資料の工作をしていた)
◆被害者対応の問題は,被害者の立場に立って対応すること(←表では誠心誠意などといいながら,実際には被害者の建言に耳を貸さず,裏ではJRが自分で勝手に立てた基準を押し付けている)

この,事故原因と責任の問題を混同し,被害者に向き合わず,保身に走った結果が今日である。
今やることは,シンプルに基本に戻って,やるべきことをやり,あるべきとおりにあるということではないか。
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/839-f52b0686
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。