上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 私は弁護士なので,これだけバッシングされている被疑者を見ると,自分だったらどうやって弁護するかを考えてしまう。

 証拠隠滅罪は「故意犯」(わざとやらかす犯罪)なので,「誤ってやっちゃったんです」といえば過失なので,無罪になる。
 なので,「過失を主張して無罪」という筋書きもアリだ。
(前田氏はそう思って否認してるのかも知れない。)


 でも,私はその方針には乗れない。


 やるなら,情状弁護,一本だ。

 
 組織や社会構図をあばき,時代を先取りするのが特捜部の使命だったのだから,
 情状も,組織や社会構図にメスを入れ,時代を先取りして考えるのがよいだろう。


 方針は3つ立てる。


 一つは,正義のためにやろうとしたことであり,動機に不純はないということである。
 被疑者は,特捜部という組織の一員であり,組織が決めた方針が正義なのだから,方針に従順でなければならない。
 検察の信頼が揺らぐ昨今,この事件をなんとかモノにすれば,組織の威信を保てる。
 被疑者は,あくまで組織の一員として,組織の正義のために,頑張ったのである。
 数々の事件で自白調書を量産した結果,「割り屋」として高く評価し,重宝してくれたのも検察組織だったではないか。
 もし,被疑者が責められるなら,被疑者をプレッシャーで追い詰めた組織にも責任があるぞ。


 ふたつめは,証拠捏造による実害などなかったということである。
 被疑者は,証拠を改ざんしたけれども,証拠として公判に提出しなかったし,しかも早々に返却したではないか。
 実際に,このFDの存在の有無にかかわらず,村木さんは無罪になったじゃないか。
 だいたい,検察にとって不利な証拠を提出しないのは,裁判実務では当たり前のこと。
 裁判官も,全ての証拠を出せなどとは言わない。
 弁護人も,滅多に証拠開示の要求などしない。
 裁判員制度になったから,裁判に提出される証拠は,ごくごく一部だけになった。
 段ボールで山積みされたほとんどの証拠は,日の目を見ることはない。
 たった一つのFDで,どうしてここまで厳しく追及されるのか。
 普段から不利な証拠の存在を隠しているのと何が違うのか,無理やり白状させたり自白調書を作文するのと何が違うのか。
 もし,これほど被疑者が責められるなら,証拠隠しを容認している現在の刑事手続きも問題だし,証拠の追及に甘い法曹三者も責められるべきじゃないか。

 
 三つ目は,今後,捜査の全面可視化に努力することを誓う,ということである。
 被疑者がこういう,しょうもないことをしたのも,捜査が密室で行われるからだ。
 上司に事後報告したから,それで御祓を済ませたと思っていたのは,確かに浅はかだった。
 検察組織の内部の論理しか考えていなかった,思慮の浅さを反省する。
 そもそも,改ざんの誘惑に駆られたのも,これを押し止める監視の仕組みがなかったからだと考える。
 本来,検事は,警察の行き過ぎ捜査をチェックするのも重大な職務だ。
 自分が特捜検事として捜査をするなら,それをチェックするための可視化は必要だろう。
 誤解のないように言っておくが,同僚の検事の多くは,きちんと取り調べをやっている。
 中には「全部ビデオに撮って見て欲しい。後であらぬ疑いを掛けられたり,弁護士から作文だなどと言われる方が心外だ。犯人が自ら自白する姿を,リアルに見てもらいたい。」とまで言う捜査官もいる。
 今回の過ちを二度と繰り返さないためにも,
 また,今後の捜査への信頼を取り戻すためにも,
 自分の罪の償いとして,
 「取り調べの全面可視化」を進める活動に取り組もう!


 ・・・うーん,こんな弁護方針では依頼者は納得しないだろうなあ。
 やっぱ,へっぽこ弁護士だな,俺は。
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/851-79520c0d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。