2010.11.04 どうして
つい2時間ほど前に,日弁連消費者問題対策委員会委員長の津谷裕貴先生が亡くなられたとの悲報に接した。

言葉がない。

どうして?

今日は悪質な先物オプション業者の尋問の当日。
気持ちの整理がつかない。

数多くの消費者弁護士の先頭に立って闘ってきた津谷先生の志を思うと…。
私たちの闘志の拠りどころだったのに。

ただ放心のまま…,続報を待つ。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101104/crm1011040735004-n1.htm
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101104-OYT1T00192.htm
http://www.asahi.com/national/update/1104/TKY201011040004.html
許し難いです。


日弁連の会長声明
   ↓

秋田における弁護士刺殺事件に関する会長声明

 本日、午前4時5分頃、当連合会会員の津谷裕貴弁護士が同弁護士の自宅を訪れた男性から上半身を刃物で刺され、死亡するという事件が発生した。

 報道だけでは犯行動機など詳細は不明であり、今後の捜査の進展を待つことになるが、本事件は、受任していた離婚事件の相手方であった者が弁護士への逆恨みから殺害に及んだ業務妨害行為である疑いが強く、このような犯罪は断じて許されるものではない。

 津谷裕貴弁護士は、秋田弁護士会会長、当連合会理事などを歴任し、現在は、当連合会消費者問題対策委員会の委員長を務めており、当連合会は、消費者問題に中心的な役割を果たしていた重要な人材を失ったことに深い衝撃を受けている。

 当連合会は、津谷裕貴弁護士のご冥福を祈り、ご遺族に対して心から哀悼の意を表するとともに、暴力的な手段による弁護士活動への妨害行為に決して怯むことなく、弁護士の使命を貫徹していく決意であることをここに表明する。

         2010年(平成22年)11月4日

                  日本弁護士連合会
                    会長 宇都宮 健児



秋田弁護士会の会長談話
    ↓

2010年(平成22年)11月4日
                                  秋 田 弁 護 士 会
                                  会 長  狩  野  節  子

「 会 長 談 話 」

 本日(2010年11月4日)午前4時5分頃、当会会員の津谷裕貴弁護士が、同弁護士の自宅を訪れた男から上半身を刃物で刺され、約1時間半後に搬送先の病院で死亡するという事件が発生した。
 この事件は、動機や原因が明確ではないものの、津谷裕貴弁護士の弁護士業務に関連するものである疑いが強い。
 津谷裕貴弁護士は、当会会長等の要職を歴任しただけでなく、消費者問題に熱心に取り組み日本弁護士連合会の消費者問題対策委員会委員長や秋田県消費生活審議会委員の職にあった。当会としても、津谷裕貴弁護士を失ったことは、痛恨の極みである。
 このような犯罪行為は、社会正義の実現と基本的人権の擁護を使命とする我々弁護士の業務に対する重大な挑戦である。
 当会は、このような犯罪行為を強く非難するとともに、今後も、弁護士に対する業務妨害に対しては、毅然と対処する覚悟であることを宣明するものである。


Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/865-328b2d7b