上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先物取引被害全国研究会という弁護士の集団がある。
 数百人は所属しているだろう。

 全国各地で開催される毎年2回の研究会(学会みたいなもの)には2~300人が参加するかなり活発な研究会だ。
 日弁連の消費者問題対策委員会とも連携が深い。

 私も末端会員の1人であるが,この研究会でどれだけ多く触発され,良い刺激を受け,志を鍛えられたか分からない。
 ライフワークの一つだと思っているところだ。


 津谷裕貴先生は,この先物全国研のリーダーだった。

 私たち実働メンバーにとっては,
   憧憬すべき「先人」であり,
   自慢の「顔役」であり,
   親しみ深い「兄貴」であった。


 津谷先生が突然に世を去って1週間。


 未だに津谷先生のことに触れると,不意に呆然となり,頭の整理がおぼつかなくなる。
 気持ちの動揺が続いているのであろう。

 親しい親交があったというと不遜になるが,全国研で会えば気軽に声をかけてくれ,つまらないことでも電話して聞けば,私の長電話に付き合って下さった。
 つい先日も,宴席で津谷先生の物マネをさせていただいたのだが,津谷先生のおおらかで寛容なお人柄と,普段からユーモラスで人間味あふれる言動をしていたからこそ,できたことだった(なお,スベったのは私の芸の未熟さ故)。

 多くの仲間が,それぞれに津谷先生とのエピソードを語り,無念を惜しんでいるが,
そこに共通しているのは,津谷先生がいかに愛されていた人だったかということである。

 津谷先生の豊かな人格と,優れた見識については,朝日新聞の秋田版に連載していた「あきた時評」のレギュラーコメンテーターとして書か溜められたものがあるので,ここで紹介をしておきたい
あきた時評は,こちら → http://mytown.asahi.com/akita/newslist.php?d_id=0500049 )

 今,新聞等で見かける津谷先生の話題は,「殺人事件」としての報道や,警察の責任という文脈で語られているものがほとんどだ。
 しかし,私は,そういう記事の中で,津谷先生の名前を見たくない。
 津谷先生のことは,先生が活動してきた足跡として語られるべきだと思う。
 それだけ多くの貴重な足跡があり,私たちはそれを絶対に忘れてはならない。
 その足跡が目指していた先を,さらに踏み進め,津谷先生が目指していた目標に向かって頑張らないといけない。
 それこそが,津谷先生の無念を晴らし,喜んでいただけることに違いない。

 津谷先生の足跡として,3つだけ挙げておく。

 ■先物取引被害を不法行為で救済する最高裁判決
      → 裁判闘争の基礎を築く

 ■悪徳商品先物取引業者の撲滅活動
      → 彼らは今や虫の息

 ■不招請勧誘の禁止
      → 新たな切り札として活用


 詳しくは,以下のとおり。
1 先物取引被害を不法行為で救済する最高裁判決

 私が先物取引被害事件で裁判をするときに,必ず引用する判決がある。
 最高裁判所平成7年7月7月4日判決である。

 先物取引の民事事件で,最高裁判所がはじめて理論を判示した判決として知られている。

 
(1)上告人らは,商品先物取引の経験が全くない被上告人を電話により勧誘し(津久井註;適合性原則違反。以下同じ),商品先物取引の仕組みや危険性について十分な説明をしないまま(=説明義務違反)取引を始めさせた,
(2)本件において,多くの取引が,実質的には委託の際の指示事項の全部又は一部について被上告人の指示を受けない一任売買の形態でされ(=実質一任売買),短期間に多数回の反復売買が繰り返されたり(=頻繁売買),両建が安易に行われている(=両建て),
(3)上告人らは,被上告人の自主的な意思決定をまたずに,実質的にはその意向に反して取引を継続させ,被上告人の指示どおりの取引をせず,その資金能力を超えた範囲まで取引を拡大させた(=適合性原則違反),
など本件取引に関する上告人らの一連の行為を不法行為に当たる

という判示だ。

 今でこそ当たり前の論理となっているが,これはコロンブスの卵ともいうべき判示であり,先物取引が一連一体の詐欺商法として悪用されていたことを,的確に示したものだ。
 最近でも,たまに先物取引のことを知らない若手裁判官に当たったりすると,この意味が分からず,ヘンテコな理屈の判決を出したりする例があるが,そんな誤ちを正す判決がこれである。

 この事件は,高校の先生が被害者になった事件であり,誰もが被害者になりうることを示した事件でもある。

 この事件の代理人を務め,最高裁まで闘った弁護士こそ,津谷先生である。

 私は,これからも,この判例を引用するたびに,津谷先生に感謝の意を捧げつつ,さらに判例の進歩,深化を求めていくことになるだろう。


2 悪徳・商品先物取引業者の撲滅活動

 先物取引業者は,5年ほど前は80数社あったが,今は20数社に激減している。

 5~6年前は,業界トップだった東京ゼネラルが,破産し役員が有罪判決を受けたのも,あっという間の出来事である。
 事件の相手方だった,コーワフューチャーズ,太陽ゼネラル(トリフォ),コスモフューチャーズ,洸陽フューチャーズ,和洸商事,オリオン交易,グローバリー・・・など,数々の悪徳業者も今はもう存在しない。

 この撲滅運動を粘り強く続けてきたのが先物被害全国研究会であり,その先頭に立っていたのが津谷先生である。

 一つきっかけがあるとしたら,平成16年1月と6月に行われた
   米国先物調査団
の取り組みではなかったかと思う。

 米国の先物取引は信用されていて,日本は信用されていないのはなぜなのか。
 それは,投資家を保護していないからだ,という今では当たり前の考えを早々にゲットして,活動に取り組んだことが実を結んでいるのだと思う。

 津谷先生は,この調査団の事務局長を務めた。
 そして,その後に,先物全国研の代表幹事を務め,諸々の先物取引を巡る法改正において精力的なロビー活動を展開された。

 正直,私などは,「撲滅」などというのは単なるスローガンだと思っていた。
 しかし,今まさに消えようとしている業界の虫の息を見ると,津谷先生の活動の存在感を感じざるを得ない。


3 不招請勧誘の禁止

 「不招請勧誘の禁止」というと馴染みがないかも知れない。
 簡単に言えば,
   頼んでもないのに勧誘するな!
ということで,玄関に貼ってある「押し売りお断り」のステッカーを,法制度に高めたものだ。

 「津谷」といえば「不招請」と誰もが連想するぐらい,精力的な活動を展開していた。

 さきほど紹介した「あきた時評」の最後の記事
   「不招請勧誘禁止を粛々と/津谷裕貴さん」    (2010年09月29日)
を紹介して締めたいと思う。

 NHKの朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」は、おもしろかった。我々の原風景の中に、いろいろ学ぶことがあった。貧乏神に負けず、やりたいことをやり抜く。どんな時も手を抜かず、前向きに時を待つことなどだ。


 みなさんはいかがですか。菅直人首相も見ていただろうか。積極的に表に出る伸子夫人とはチョットちがうタイプでしたね。


 しばらくサラブレッドの首相が続いたが、菅首相は世襲議員ではない。市民運動を経て政界入りし、厚相として取り組んだ薬害エイズ問題で名を上げた。先日の民主党代表選挙では小沢一郎さんを大差で破り、首相として再スタートを切ったばかりだ。


 菅首相の政治目的は「最小不幸社会」をつくることだという。これについては「最大多数の最大幸福」をめざすべきだという反論もある。しかし、この二つは二者択一ではなく、両方必要なのではないか。つまり「最大多数の最大幸福」を実現するためには「最小不幸社会」を実現しなければならない。これを消費者問題で考えてみたい。


 秋田のファーストオプション事件では、多数の老人が、年金や退職金をためた虎の子の貯金を、電話や訪問勧誘で業者にだまし取られた。悪徳商法がなくならないのは、電話や訪問勧誘による不招請勧誘の規制が不十分だからだ。県内では今でも、未公開株や不正ファンド、詐欺的投資取引による深刻な被害が発生している。


 消費者被害のない社会は「最小不幸社会」に合致する。そのためにはまず、不招請勧誘を禁止することだ。不招請勧誘を禁止すると、知識と経験、資金のある人が自分の意思で投資取引に参加することになる。健全な投資が行われるようになり、企業には健全な資金が投入され、取引市場が拡大する。そうなれば、そこで働く人の雇用が確保され、消費も拡大する。こうして「最大多数の最大幸福」が実現されていく。


 不招請勧誘禁止によって、悪質業者を排除し、消費者被害をなくし(最小不幸社会の実現)、真っ当な業者を保護し、健全な取引、社会を実現していく(最大多数の最大幸福)ことになる。「最小不幸社会」も、「最大多数の最大幸福」も実現できるのだ。


 消費者行政の司令塔となる消費者担当相の岡崎トミ子さんの役割は極めて重要である。また、未公開株や金融デリバティブについては経済財政担当相の海江田万里さん、地方消費者行政、電話勧誘規制では総務相の片山善博さんにかかっている。いずれにせよ菅首相の強いリーダーシップは欠かせない。不招請勧誘の規制がどこまでできるか。「最小不幸社会」をつくるという菅首相の本気度を占う試金石となると見ている。粛々とやって欲しい。


 「ゲゲゲの女房」は終了したが、「首相の女房」伸子さんには、不招請勧誘規制が実現するよう、しっかりと支えていって欲しいと願っている。



 津谷先生,本当にありがとうございました。
 微力ながら,私も頑張って,その成果をもって追悼に代えたいと思います。
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/866-627015d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。