上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日,この10月に当事務所に加入した新人弁護士の歓迎会を行いました。
 新人といっても,彼は,合格前には法律事務所での勤務経験があり,即戦力として十分期待できる人材ですので,バリバリ頑張っていただきたいと思います。

 これで,私の事務所は,弁護士7人,スタッフ11人(1人お休み中)という陣容となります。
 はっきり言って,大所帯です
(なぜか,それでも余裕がありません。どういうわけか?)

 滅多に全員が集まることがないので,昨日は久々の全員集合でした。
 その席上,我がスタッフが,このブログを見ていることを知りました。
 プチ驚きでした。

 別にこのブログは秘密にしている訳でもないのですが,身近な仲間が見ているということが分かりますと,格好悪いような恥ずかしいような気分になります。

 これは,おそらく,身近な仲間だけに,私の言動の不一致を見抜かれちゃうのではないかと感じるからだと思われます。

 弁護士という職業人には,言ってることと,やってることが,違っている人が特に多いような気がします。
 人間誰でもそういう側面はありますが,「先生稼業」の場合は,特にそういう風に感じられるのかも知れません。
 弁護士は,特に立派なことを言う人が多いですからねえ。

 私も,例に漏れず言動不一致の側面があります。したがって,実体を知っている人の前では,気恥ずかしく思うのでありましょう。

 さて,うちの事務所のことについては,また回をあらためてお話しすることにしますが,歓迎会・暑気払い・新年会といった行事の際には,事務所カラーが,色濃く出ます。
 うちのカラーというと,「メチャメチャ」「バラバラ」「好き勝手」というところです。
 まあ,よく言えば自由な気風ということです。
 しかし,真面目に捉えますと,およそ組織の体をなしていない,統率のないアナーキー状態で,事態の収拾が付かない,というのが実情です。

 「人」レベルでの言動不一致もさることながら,「事務所」レベルでいうと,うちの事務所の場合,メンバーそれぞれの言っていることや行動内容もおよそバラバラです。
 なので,事務所単位でも,きっと,言動不一致のカタマリみたいに見えるでしょうね。

 まあ,“多様性は文化”ということで,わが事務所は文化的ということですかな。


クリックして下さい

クリックして下さい

Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/87-ed23ceff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。