日本の防災対策を考える組織はどこでしょう?
 そのトップに位置付けられるのが「中央防災会議」です。

 中央防災会議には,「防災対策推進検討会議」が置かれました。

 ここでは,
   ■東日本大震災における政府の対応を検証すること
   ■東日本大震災の教訓の総括を行うこと
   ■来る大災害に備えて防災対策の見直しを行うこと

がテーマになって,検討が進められています。

 想定しているのは,「首都直下地震」,「東海・東南海・南海地震(いわゆる三連動地震)」,「頻発する豪雨災害」などのようです。

 この会議で6回の検討会を開いて
   「防災対策推進検討会議中間報告~東日本大震災の教訓を活かし、ゆるぎない日本の再構築を~」
が取りまとめられました。


  検討結果の中間報告がこれです
       ↓
 http://www.bousai.go.jp/chubou/suishinkaigi/chukan_hontai.pdf

 なかなか読みごたえがあります。

 この報告書,
 ちょっとした本を買って読むよりも,全体像を見渡すことができるので,
 災害に関心のある方々には,お薦めです。



  ところで,この中間報告に対するパブコメが募集されています。
  その締め切りが,明日(4/25)となっています!
  要領は以下のとおりです。
       ↓
http://www.bousai.go.jp/chubou/suishinkaigi/public/index.html


 災害法制を見直す大きなチャンスです

 問題意識のある方は,是非,このパブリックコメントに意見してみましょう。

Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/903-51fea1c4