上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教育基本法の改正問題について,改悪反対に向けて,最も一生懸命活動をしているグループの一つが,
  教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会/あんころ」
だと思います(HPはこちら↑)

 そこの呼び掛け人のうちのお一人である
  大内裕和
さんからメールが届きました(他の呼び掛け人は,小森陽一さん,高橋哲哉さん,三宅晶子さんです。)。

 『世界』11月号に教育基本法改定と格差社会との関係を書いたので,ぜひ読んでください,とのことです。

 私も未だ読んでませんけど,大内さんの主張・意見は,とても分かりやすくて,かつ,一貫した明快な内容で,生のお話を聞くと元気や勇気が沸いてくるような感じです。
 教育基本法の改正の問題点がどこにあるのかが,さぁーっと開けて見えるような思いがするはずです。

 きっと間違いなく良い内容だと思うので,とり急ぎお知らせします。
 大内裕和です。
 10・10国会前集会の成功をはじめ、各地での運動の広がりにとても励まされています。

 今回は雑誌『世界』11月号のお知らせです。
 10月8日に発売された『世界』11月号は「安倍「改憲政権」の研究」という特集を組んでいます。

 この特集「安倍「改憲政権」の研究」のなかで私が「格差社会の拡大・固定化をもたらす教育基本法改定」というタイトルの文章を書きました。

 実はこの文章は、8月19日に全国連絡会が行った『あらためて教育
基本法問題を問い直す』という対話交流集会(160名参加)で行った
報告をもとにして、その内容をふくらませたものです。
 対話交流集会がなければ、この文章を書くことはできませんでした。対話交流集会に参加していただいた皆さんにあらためて感謝します。

 この文章のポイントは教育基本法が政府案の方向で変えられれば、現在、深刻化している格差社会が一層、拡大・固定化するというものです。

 教育基本法「改正」をめぐる議論は特にマスコミレベルではいまだに、「愛国心」問題に集中しています。
 ですから多くの人に、教育基本法「改正」によって格差社会が拡大・固定化するということが、認識されていません。

 この文章を一人でも多くの方に読んでいただきたいのと、また皆さんの周囲の方に一人でも多く薦めていただければありがたいです。
 特に
  ①マスコミ・報道関係者、
  ②国会議員・地方議会議員
に知らせていただけるとありがたいです。

 また皆さんが配られているチラシの中身や街宣活動においても、教育基本法「改正」と格差社会との関係を強調されることが、今、特に重要
だと思います。
 各政党の主張からもわかるように「格差」は現在の政治における重要な争点となっています。
 この文章を参考にしていただきながら、各地での教育状況(定時制の統廃合、就学援助の急増、高校中退者の増加など)を加味して、新聞投書などで訴えていただくのも有効だと思います。
 国会行動、各地での運動に加えて、新聞・テレビを動かすことが、教育基本法改悪阻止のために特に重要です。

 『世界』11月号には私の文章以外に、
 教育基本法改悪反対の行動(全国連絡会の集会も紹介)を訴えた小森陽一さんの「草の根からの声を、国会へ」や
 イギリスのサッチャー教育改革の破綻を報告した阿部菜穂子「安倍政権は、問題の多いイギリス「教育改革」に追随するのか」
が掲載されています。
 お薦めの号です。



クリックして下さい

クリックして下さい
Secret

TrackBackURL
→http://tukui.blog55.fc2.com/tb.php/92-670f0c3d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。